営業

お客様から商品受注をします。

営業職・本社

  • 次の世代にも伝えていきたい幸せがあります

    谷口 和憲

    営業部 主任

    本社

    入社8年目

    ブランドメーカー様を主体として、新規商品のご提案等営業活動をしています。先方の希望納期に間に合わせるために、要望に見合う製品を探し、製造工程をイメージし、スケジュールを立てます。現存の製品では難しい場合は開発のメンバーに相談し、新たな製品をご提案します。当社の営業は、製造過程だけでなく、開発にも参画できる楽しさがあります。有難いことに当社の開発部門は人間的に尊敬できる人たちばかりです。営業の立場にたって一緒に考え協力を惜しみません。この環境下で営業が出来ることは幸せだと思います。自信を持って良いと思えるものをお客様に見て頂けるのです。また当社営業の売り上げは、数年間、継続することが多いのも特徴的です。お客様が開発要請をされ、出荷の数量やタイミングが決まれば固定仕入れ先として発注を頂けるからです。短期的な目標に追われるばかりでなく、中長期の販売を視野に入れて動けますから自然とキャパシティも広がっていくのです。キャリアアップしたい方にもおすすめ出来る職場です。

    仕事をする上では、メーカーとして3年に1回のチャンスを逃さないことを強く意識しています。見本帳というカーペットの見本が張り付けられている冊子があるのですが。この見本帳が3年周期で刷新されるので、このタイミングに必ず当社の自信作をご検討いただけるよう、常日頃からお客様のご要望を丁寧に伺い分析しています。

    当社の魅力は、人が良いところですね。経営層もオープンで相談しやすい方々ばかりです。歴史ある会社ですが、社長も進んでみんなに話しかけてくれます。先日は当社の球技部(野球部)の練習に参加して、一人のプレーヤーとして打席に立ってくれました。その他にも部門間のつながりはあるように思います。バーベキューや忘年会も恒例行事になっています。業務に追われる日中とはまた一味違ったコミュニケーションがあり、顔なじみの人たちばかりの中で働ける安心感がありますね。

    前職も私は工務店でシステムキッチンの営業をしていました。そこでは決まったモノを売り、先輩方の方針にひたすら沿うよう言われたことをやり切るスタイルでした。当然、キャリアアップは望みにくい環境でした。そのため次はインテリア部門でも自分の成長が実感でき、キャリアを積める職場を探していました。ちょうど求人募集中だった当社に偶然出会えたことがきかっけで入社いたしました。

    ものづくりを行う業界は安定感の傍らに不具合が存在しています。どう頑張ってもゼロにはなかなかならないものです。希におこる製品不具合によるクレーム対応は大変なことがありますね。たとえば「通常よりも短い期間で商品が毛羽(けば)立ってきてしまうから何とかして欲しい」というご連絡もその一つです。使用用途や環境をいくら確認していても不具合が出ることがあります。そんな時は現場を確認し、開発スタッフや上司に事情を説明し、現状の打開に向けて出来ることを模索します。ストレスがかかるこの時期に親身になって対策立案に力を貸してくださる社内の皆さまが本当に有難いです。通常業務を抱えながら付き合ってくれるわけですから、負担があると思うのですが、かえって私の状態を気遣ってくれます。人の支えで乗り越えてこられていることが有難いです。

    私のモチベーションが上がる3段階があります。
    ①開発のメンバーとの打ち合わせを紙ベースで行った後、実際にタフト(織る機械)でイメージ通りのカーペットが顔を出した時。
    ②開発が進んで、見本帳に選ばれた時(載った時)。
    ③実際に製品が購入され、使われているところを見た時です。
    この3段階を次の世代にもっとたくさん伝えていきたいと考えています。そのためには自身も次のステップに進んでいかなければ邪魔になってしまう。出来る限り早く売り上げ貢献を果たしながら、次のステージで業務を進められるようになりたいです。

営業職・東京支店

  • 為せば成る

    上埜 善三

    顧問

    東京支店

    入社60年目

    東京支店にて、ホテルなどに敷かれる特別注文によるカーペットの営業をしています。
    前身である金剛パイル織物時代より現在まで約60年、会社と共に営業で歩んできました。
    社名が『日本絨氈』へ変更した1972年、会長が「社名に”日本”がついたからには、日本の象徴である国会議事堂に日本絨氈のカーペットを敷く」との目標を掲げられ、東京進出していた私は、その目標達成のため東奔西走し、国会議事堂に当社のカーペットを敷くことができました。現在70代後半になりましたが、現役で海外出張もこなしています。

    将来の希望に満ちた若い世代の皆さん、分からない事や知らない事は素直に聞いて下さい。きっと学校では教えてくれない、仕事でしか手に入れられない、ご自身の貴重な勉強になると思います。

営業事務職・本社

  • チャレンジすることをためらわず、これからも多くのことを吸収していきたい

    北野 靖子

    営業部

    本社

    入社10年目

    担当のお客様のお問い合わせへの対応や、営業部の必要書類の作成・管理が主な仕事です。加えてWebサイトでの受発注も請け負っています。始めたばかりのインターネット通販サイトですので、試行錯誤の連続ですが、現場を担う担当者として少しでも早く成果をあげてチームの増員が出来れば、と考える日々です。

    入社してからずっと大切に守ってきていることがあります。「率先して朝の挨拶を大きな声で行うこと」「必ず、毎朝」です。朝一番!声を出すとエネルギーがわいてくる気がして意識的に実行し続けています。受け止めて下さる方も皆さん笑顔!笑顔!笑顔!たくさんのパワーを頂いて日々スタートが切れるので、これからも続けていきたいと思っています。 また専門職として意識していることは、「徹底した確認作業と親身な対応」です。品番ひとつ、住所一文字のミスもお客様にご迷惑をお掛けしてしまうからです。 当社に関心を持って、カーペット専門の人に相談してみよう!と電話をくださる方もいます。お客様にとってはみんな日本絨氈の社員なのですね。色や柄のご相談、用途に合わせた材質のアドバイスを求められることもしばしばあります。そんな時、「自分だったらどうだろう?」と母や父の相談に乗るようにじっくり耳を傾けます。納品が終わり、またお客様からご連絡を賜り、「届いたよ!ありがとう!イメージが変わってすごく嬉しい!また買うわ!」と喜びの声をお聞かせいただけたとき、お客様に幸せを頂いているなぁ・・・とこの仕事のやりがいを噛みしめています。

    当社の魅力は、どんどん新しいことや未経験のものに挑戦させてもらえることだと思います。もちろん会社からの打診は都度ありますが、私自身は「やれるか、やれないか」よりも「やりたいか?やりたくないか?」を大切に挑戦するものを選ばせて頂いています。当社では、困っても大丈夫!誰かが助けてくれます。何とかなります。けれど意欲を失った人を助けるのはしんどいですよね。自分がイキイキと働くことも大切だと教えてくれる魅力もある会社です。

    転職活動をしていた当時、当社は総合職の募集をしており、内定後、適性を見て配属部署が決まるという採用を行っていたため、明確な職種が分からないまま内定を頂きました。面接を受け、会社説明を聞いてみて「この会社良さそう。」と思っていた私でしたが、配属先は総務部。もともと販売職をしていた私は事務職への転職には不安を抱えた入社でした。不思議なのですが、この後、会社をもっと好きになっていきます。そして今は2つの職種の経験が生かせるAS事業(インターネット通販サイト)の担当者と営業事務を兼任しています。この会社の良さは、人の強みを見抜き、きちんと活かし、伸ばしてくれる点にもあるように思います。今は転職成功!と日々イキイキお仕事をさせて頂いています。

    私事ですが、職場結婚をいたしました。結婚が決まった当初は不安を感じていました。「どちらかが退職しなければならないのではないか?」「今まで黙っていた先輩になんて言われるだろう・・・」と。けれども実際には、結婚報告時、親戚のように皆さまが喜んでくださいました。本当に有難かったです。現在も二人とも違和感なく当社に勤めています。日頃は、部署も違いますので社内出会うことはほとんどありませんが、姿を見るとつい嬉しくなり、ホッとします。夫婦が自然体で働ける、仲間の変化や成長をいつも前向きに受け入れ、応援してくださる当社の方々の温かさあってこそ、人生のターニングポイントも無事、乗り越えられました。心から、感謝申し上げます。

    これまでの10年同様、これからの10年も様々なノウハウや知識を吸収できるよう、多くのことにチャレンジしていきたいです。ここに留まらずにどんどん上をめざしていきたいですね。そうしていく中で、新しい人に自分も何か話してあげられる人、語り継げるものを持った人になりたいと考えています。良い影響を与えて多くの方に学ばせて頂ける人をめざしています。